米田 肇HAJIME オーナーシェフ

米田 肇

梶田さんの醤油に出会ったのは、新しいHAJIMEの世界観をつくっていこうと悩んでいる時でした。「こんな醤油があるのか」初めて味見をした時の驚きはなかったです。クリアーな味わいと奥深い香り、「これならばうまくHAJIMEの料理と調和する。」と、とても感動したのを覚えています。それ以来、梶田醤油はHAJIMEには欠かせない素材のひとつとなっています。

米田 肇

プロフィール

HAJIME(ハジメ)オーナーシェフ
1972年、大阪府枚方市生まれ。大学では理工学部において電子工学を学ぶ。電子部品メーカー勤務を経て、1998年、料理の道へ。日本とフランスで経験を積み、2008年、“本当に素晴らしレストラン”をテーマに「Hajime RESTAURANT GASTRONOMI-QUE OSAKA JAPON」を開店。その翌年、ミシュラン史上世界最短となるオープン1年5ヶ月で三ツ星を獲得。2012年、店名を「HAJIME」に改め、ガストロノミーをベースに表現される独自の料理は世界中から高く評価されている。

推薦者の声へ戻る