渡邊 幸樹大鵬 料理長

渡邊 幸樹

私の巽醤油との出会いはとあるイベントがきっかけで使わせて頂いて、所謂豚の角煮を作る事が始まりでさした。その時はやはり調味料は使い慣れてるものいいと思いながらも、使っていましたが火を火れた時のしっかりとした熟成した旨味がどんどん広がり、会場で隣のブースと言うこともあり仕上げに再仕込み醤油をお借りし最後に入れたとこ、今までの醤油とは全く別物だと思い、 そこから店に戻りすぐに麻婆豆腐や、普段作ってる料理に使ってみたとこ、やはり最初は調味料が変わるとなかなかぴったりとこない、しばらく試作なども、続けてる間に、ピタっと当てはまった瞬間に出来上がった料理は 巽醤油無しでは作れない料理となりました。 大量生産できなかった時代のような醤油、しっかりと年月をかけ、大豆の力、発酵の力を感じるような物が醤油 梶田さんの巽醤油だと 私は考えてます。

渡邊 幸樹

プロフィール

1981年、京都府生まれ。調理師学校を卒業後、しょうざんリゾート京都の「桜蘭」(京都・北区)で働く。その後、京都市内の中国料理店や洋食屋で修行を積み、2005年、実家である「大鵬」に入店。
2012年のリニューアルを機に2代目に就任。毎年2〜3回研修のため中国へ赴く。

推薦者の声へ戻る